2020年5月17日 苦境の中でも平安と希望がある

私は身を横たえて眠りまた目を覚ます。主が私を支えてくださるから。  詩篇3:6(1~8)

 詩篇の3篇は、表題が示すように、息子アブサロムの謀反に遭い、ヨルダン川東のギレアデに落ち延びた時のダビデの歌

である(Ⅱサムエル15:7~17:23参照)。

多く者がダビデを見限り反乱側に寝返り、四面楚歌の危機的状況にあって、彼は「救いは主にあります」(8節)と告白した。

ダビデの信仰から学ぼう。

 《危機的な状況下で》この時、ダビデの助言者であったアヒトフェルも、息子アブシャロムの謀反に加担した。

「この謀反は強く、アブサロムにくみする民が多くな」り、「イスラエルの人々の心はアブサロムになびいてい」る状況

(Ⅱサムエル15:12~13)は、ダビデが王位を奪われるのも時間の問題と思われた。

息子の反乱に加え、信頼していた友や部下たちの離反は、老いたダビデに大きな衝撃と悲しみを与え、彼は「主よ、なんと私の敵が

多くなり私に向かい立つ者が多くいることでしょう」(1節)と嘆く。

多くの者が「彼には神の救いがない」(2節)と決めつけた。つまり、ダビデは家来や民から見放され、神からも見捨てられ、

神の助けも望めない身だと言い立てて、神を拠り所とするダビデの信仰さえも否定し攻撃した。

それは、ダビデに耐えがたい苦痛と屈辱と動揺を与えた。

「お前が、どんなに神を信じようと、神からの救いなど来ることはない。信仰など何の役には立つものか」という、信仰を否定し、

嘲笑する無言の声は、キリスト者の周囲からだけでなく、自分自身のうちからも聞こえてくる。

この声に屈してはならない。ダビデはその声に抗して声を上げる。

 《しかし、神は私の盾、私の栄光》ダビデは、大勢の敵とわずかな味方に目を向けるのではなく、「しかし、主よあなたこそ」

(3節)と、見えない神に、「あなたこそ」と目を向ける。後のパウロも「私たちは見えるものにではなく、見えないものに目を

留めます。

見えるものは一時的であり、見えないものは永遠に続くからです」(Ⅱコリント4:18)と記している。

神は、一介の羊飼の少年に過ぎなかった自分を召し、多くの苦難と長い年月を経て、イスラエル王にお立てくださった。すべては、

神の導きと助けがあったからのことではなかったか。

その間、神に助けを求めたことは数知れず、その願いに、神はすべて答えくださったではないか。その経験を思い起こし、ダビデは

告白する。「私は声をあげて主を呼び求める。すると主はその聖なる山から私に答えてくださる」(4節)。

そして、「主よ、あなたこそ私の周りを囲む盾、私の栄光、私の頭を上げる方」(3節)と神をほめたたえ、絶望的な現在に、

希望と確信を見出す。幾万の敵であろうと私の前後を守る神の盾は揺るがず、苦境の中で萎れてうつむく私の頭を、神はみ手を

差し伸べて持ち上げ、勝利で喜ばせてくださった。彼は、今回の息子の反乱が、家族に対する自分の罪に起因することに気づき、

悔い改めて反省したことだろう。苦難は、人に罪を気づかせ、信仰を精錬し、人となりを育てる(Ⅰペテロ1:7、詩篇86:7等)。

セラは、強調を意味する記号と思われる。この歌詞を心に留めよと。

 《身を横たえて眠りまた目を覚ます》ダビデは今、逃げ落ちる途中で、迫る追っ手に怯え、恐怖と不安で眠るどころではない。

しかし、万軍の「主が私を支えてくださるから」(5節)と、信仰者は絶望の夜にも平安の眠りに就く。「実に主は愛する者に眠りを

与えてくださる」(詩篇127:2)。

目覚めると、神が設けてくださる希望の朝に迎えられる。彼は、「私は幾万の民をも恐れない。彼らが私を取り囲もうとも」(6)

と希望を確信し、神に向かって、「主よ、立ち上がってください。私の神よ、お救いください。あなたは私のすべての敵の頬を打ち

悪しき者の歯を砕いてくださいます」(7節)と祈る。

動揺も消え、信仰に立つ王としての威厳をもって部下たちの前で祈る。「救いは主にあります。あなたの民にあなたの祝福が

ありますように。セラ」(8節)と。

救いは、王座や兵力にあるのではない。それらはみな蜃気楼のようなものに過ぎない。真の救いは、主なる神にある。ダビデは神に

祝福を願う。

彼の王座を奪い、追撃してくる反乱軍をも含めての民すべてに、神からの祝福を祈る。まさにセラ、ダビデの信仰の言葉を、

噛みしめよう。

「わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」(マタイ5:44)との主イエスの言葉を、

彼は実践していた。