検索
  • 三澤隆男

今日のみことば(ルカ1:28-29) 2022/2/25

更新日:2月28日

御使いは入って来ると、マリアに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」しかし、マリアはこのことばにひどく戸惑って、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。 ルカ1:28~29

「貧しい少女よ。これからのヨセフとの結婚に不安はないか。」とでも声をかけられたのであれば、マリアは驚かなかっただろう。だが、御使いは、「あなたは恵まれている。喜びなさい。」と告げたので、ひどく戸惑い、何のことかと考え込んだのである。彼女は、家柄の良い、才能の豊かな、将来が期待された人物でもないのに、なぜ「おめでとう、喜べ」なのか。喜ぶべき、おめでたい理由をみ使いは、「主があなたとともにおられる」からだと告げている。私たちが今、貧しくとも、無力であっても、苦境に立たされていても、私たちを愛しておられる神の御子イエスが一緒にいてくださる。

イエス様。どのような状況に置かれようと、あなたが共におれるので、私も喜びます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨシヤのようにモーセのすべての律法にしたがって、心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返った王は、彼より前にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、一人も起こらなかった。 Ⅱ列王23:25 ヨシヤは、発見した律法の書に従って宗教改革を徹底して行った。私たちキリスト者も、彼と同じく聖書を自分たちへの神の教えと信じている。だが、神への畏れもなく、信じていると言っている聖書の実践もはな

そのとき、あなたは心を痛めて主の前にへりくだり、自分の衣を引き裂いてわたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。― 主のことば ― Ⅱ列王22:19 主を捨てて偶像崇拝に走った祖父や父とは反対に、ヨシヤ王は「主の目にかなうことを行い、父祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれな」(2節)い立場を貫いたのは、母や周囲の者の信仰の感化か、憐れみの神のご配慮からだ

彼は父ヒゼキヤが打ち壊した高き所を築き直し、イスラエルの王アハブがしたように、バアルのためにいくつもの祭壇を築き、アシェラ像を造り、天の万象を拝んでこれに仕えた。 Ⅱ列王21:3 アハブは、12歳で王となり55年にわたって統治した。彼は、敬虔な父ヒゼキヤとは逆に、神を畏れず、律法を無視し、偶像礼拝を推進し、「自分の子どもに火の中を通らせ、卜占をし、まじないをし、霊媒や口寄せをし、主の目に悪であるこ