検索
  • 三澤隆男

今日のみことば(ルカ23:23) 2022/3/19

けれども、彼らはイエスを十字架につけるように、しつこく大声で要求し続けた。そして、その声がいよいよ強くなっていった。 ルカ23:23

ローマ法の執行者であった時の総督ピラトは、どう見ても犯罪者とほど遠いイエスを審査し、釈放しようとした。だが、自分たちを神に仕える指導者と任じ、誇りを持っていた者たちは嫉妬と憎悪から、民衆は他人の極刑の死の様を憂さ晴らしに見物しようと、こぞってイエスの十字架刑を要求し続けた。「それでピラトは、彼らの要求どおりにすることに決めた」(24節)。迎合することが統治に都合良しとして。無責任、悪趣味、無慈悲、嫉妬、憎悪に不信仰と無知等の、人の罪深さが、無辜の方イエスを十字架の死に追いやった。救い主はそれらの罪の一切をご自分の身に負い、黙って死を引き受けてくださった。

イエス様。私も彼らと同様の者です。そんな私を愛し救うため、十字架を負ってくださったことを感謝します。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨシヤのようにモーセのすべての律法にしたがって、心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返った王は、彼より前にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、一人も起こらなかった。 Ⅱ列王23:25 ヨシヤは、発見した律法の書に従って宗教改革を徹底して行った。私たちキリスト者も、彼と同じく聖書を自分たちへの神の教えと信じている。だが、神への畏れもなく、信じていると言っている聖書の実践もはな

そのとき、あなたは心を痛めて主の前にへりくだり、自分の衣を引き裂いてわたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。― 主のことば ― Ⅱ列王22:19 主を捨てて偶像崇拝に走った祖父や父とは反対に、ヨシヤ王は「主の目にかなうことを行い、父祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれな」(2節)い立場を貫いたのは、母や周囲の者の信仰の感化か、憐れみの神のご配慮からだ

彼は父ヒゼキヤが打ち壊した高き所を築き直し、イスラエルの王アハブがしたように、バアルのためにいくつもの祭壇を築き、アシェラ像を造り、天の万象を拝んでこれに仕えた。 Ⅱ列王21:3 アハブは、12歳で王となり55年にわたって統治した。彼は、敬虔な父ヒゼキヤとは逆に、神を畏れず、律法を無視し、偶像礼拝を推進し、「自分の子どもに火の中を通らせ、卜占をし、まじないをし、霊媒や口寄せをし、主の目に悪であるこ