検索
  • 三澤隆男

今日のみことば(詩篇84:12) 2022/02/19

万軍の主よ。なんと幸いなことでしょう。あなたに信頼する人は。 詩篇84:12

利己的で目に見えるものしか信頼しない人でも、愛する者と共にいることの喜びと満足を承知している。たとえその愛する孫が、祖父である自分に利益や栄誉をもたらすわけでもないとしても、愛おしい。詩人は、神を慕い、共に居られることを切望し、「私のたましいは、主の大庭を恋い慕って絶え入るばかりです。私の心も身も、生ける神に喜びの歌を歌います。」(2節)と、神のおられる宮に心を寄せる。彼の神は「涙の谷を過ぎるときもそこを泉の湧く所とし・・・初めの雨もそこを大いなる祝福でおおい・・・彼らを力から力へと進」(6~7節)ませてくださる方である。たとえ、地上の生涯で、他人の目に評価されなくとも、それに倍する祝福と栄光をお与えになる神が、私を迎えてくださる。

神様。あなたと共におられることが、私の望みです。インマヌエルの神となられたあなたを賛美します。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨシヤのようにモーセのすべての律法にしたがって、心のすべて、たましいのすべて、力のすべてをもって主に立ち返った王は、彼より前にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、一人も起こらなかった。 Ⅱ列王23:25 ヨシヤは、発見した律法の書に従って宗教改革を徹底して行った。私たちキリスト者も、彼と同じく聖書を自分たちへの神の教えと信じている。だが、神への畏れもなく、信じていると言っている聖書の実践もはな

そのとき、あなたは心を痛めて主の前にへりくだり、自分の衣を引き裂いてわたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。― 主のことば ― Ⅱ列王22:19 主を捨てて偶像崇拝に走った祖父や父とは反対に、ヨシヤ王は「主の目にかなうことを行い、父祖ダビデのすべての道に歩み、右にも左にもそれな」(2節)い立場を貫いたのは、母や周囲の者の信仰の感化か、憐れみの神のご配慮からだ

彼は父ヒゼキヤが打ち壊した高き所を築き直し、イスラエルの王アハブがしたように、バアルのためにいくつもの祭壇を築き、アシェラ像を造り、天の万象を拝んでこれに仕えた。 Ⅱ列王21:3 アハブは、12歳で王となり55年にわたって統治した。彼は、敬虔な父ヒゼキヤとは逆に、神を畏れず、律法を無視し、偶像礼拝を推進し、「自分の子どもに火の中を通らせ、卜占をし、まじないをし、霊媒や口寄せをし、主の目に悪であるこ